日本禁煙学会のニコレット賞と禁煙治験について

日本禁煙学会と呼ばれる組織が在るのをご存知でしょうか。
日本禁煙学会は社会問題にも発展ししている受動喫煙を防止する目的などで設立された団体組織であり、煙草に対する健康被害をまとめ上げたり、成功率を持つ禁煙の方法の研究などを行っている組織が日本禁煙学会だと言われています。

また、禁煙補助剤などの治験の認定を行っているなどの特徴が在ります。
治験と言うのは新薬が開発された際に、医薬品の効果や副作用などを調べる目的で薬の有効性などを確認するために行われているもので、患者さんなどを利用して医薬品などの効果を確認する目的で実施されているものです。

尚、日本禁煙学会認定した治験に参加する事で禁煙補助剤が誕生するとも言われているのですが、日本禁煙学会では煙草を止めることが出来た人を対象にしたコンテストを開催しており、1位から3位までの入賞者の中には副賞としてニコレット賞と呼ばれている賞を受賞出来る人もいるのです。

尚、ニコレットと言うのは禁煙補助剤の一つであり、ガム式の禁煙補助剤になります。
主成分の中には微量のニコチンが含まれているのが特徴で、ニコレットを噛む事で体内にニコチンが僅かな量供給されるため、脳内物質でもあるニコチン受容体に作用をしてドーパミンが放出されるため、禁煙時のイライラや集中力の低下などを抑える効果を期待出来るのです。

また、ニコレットは1日に3回と言った具合に決められているものではなく、煙草を吸いたくなった時、我慢が出来なくなった時に30分から60分ほどの時間をかけて噛み続けることで煙草を吸わなくても良い身体になり、体内に存在していたニコチン量を低減出来るなどの効果を持ち、最終的には禁煙を成功させることが出来ると言われているのです。