煙草は発がん性があるのでニコレットを使った禁煙

たばこに含まれているタールには発がん性があるとされており、その他にも呼吸器疾患やCOPDなどの症状があらわれる原因となることから、禁煙が推進されています。
たばこの煙にはニコチンや一酸化炭素など、7000種類を超える化学物質が含まれており、有害物質に認定されているものが数多く含まれています。
数百種のうちのおよそ70種類は、発がん性があると言われています。
たばこ煙の発がん性の多くの部分は、気体になっている粒子相にあります。
そのために喫煙者以外の周囲にいる人に対して、健康被害をもたらしてしまうことから、副流煙に関する問題も指摘されています。
禁煙の推進は世界的なものとなっており、WHOでは世界禁煙デーも設けています。
日本でも様々な禁煙に関する推進が行われていて、医療機関では禁煙補助剤による治療も始まっています。
ニコチンを含んでいる禁煙補助剤を使用する治療のことを、ニコチン置換療法といいますが、ニコレットガムやパッチが使用されます。
ニコレットガムは喫煙をしていないときに症状がでるイライラや、集中力の散漫、頭痛や眠気、だるさなどを緩和することができます。
ニコレットガムにはニコチンが含まれていますので、ガムを噛むことによってニコチンを補給できます。
ニコチンを摂取する即効性があり、喫煙の欲求に素早く対応できるメリットがあります。
ニコレットガムは喫煙したときと比較して、ゆっくりと吸収されるように計算されて作られています。
たばこを止めたくても止められない、ニコチン依存症の患者に対して徐々にたばこの本数が減らしていけるようにするための、禁煙補助剤として利用されています。
医療機関をはじめとして、薬局やドラッグストアでも販売されていますので、気軽に購入することが可能です。